いまほこ君雄による愛川町のなぜ、どうしてを調べるブログ

愛川町政の透明性を高める活動をおこないます

「日本ダムアワード」を調べてみた

愛川町では、「宮ヶ瀬ダム ナイト放流」が「日本ダムアワード2022」において「ダム大賞」を受賞したことを町ホームページ等に掲載したことがあります。現在でも各所にそのことが記されています。
▶▶▶▶▶
 ▲愛川町ホームページより
愛川町ホームページより。赤下線は筆者によるもの。
                                                             ◀◀◀◀◀
 
さて、筆者は「日本ダムアワード」とはどのような団体・組織なのか気になりましたので色々と調べてみました。
▶▶▶▶▶

 

▲日本ダムアワードホームページより(http://japandamaward.org/information
 
 ▲日本ダムアワードホームページより
                                          ◀◀◀◀◀
日本ダムアワード実行委員会名簿がこれか?とも思いましたがこの会の方針なのでしょう。人の名前と思われる3名を検索してみました。
▶▶▶▶▶

 

 

 

 
なお名簿に「みつはし」とあるのは恐らく町に対する授与式に登場する三橋さゆり氏と思われるので調べてみました。

 

       ▲ウィキペディアより
東京工業大学ホームページより
                                          ◀◀◀◀◀
 
 さて、愛川町の授与式の横断幕にもある通り、国土交通省が一枚噛んでいるのは明らかです。町がこの「日本ダムアワード」というものをどのような“存在”だと理解しているのかはわかりません。町の商工観光課には、以前質問をしており、2023年10月16日に以下のような回答を得ています。
 
▶▶▶▶▶
4.「日本ダムアワード」はいわゆるダムファンの集まりであり、ホームページや実行委員会名簿を見る限りことさら受賞を評価すべき対象とは言い難い。町ではこのグループの実態を把握しているのでしょうか。
【町回答】同団体のHPなどにより把握しています。
                                           ◀◀◀◀◀
 
また、筆者は「日本ダムアワード」に以下のような質問を2024年4月14日にしましたが、本日2024年6月13日現在、回答は届いておりません。
▶▶▶▶▶

 

                                           ◀◀◀◀◀ 
 
【今鉾の視点】
 愛川町がことさら引用している「日本ダムアワード」ですが、この会の運営費の出所や会員の実態など不明な点が決して少ないとはいえません。愛川町以外に、厚木土木事務所(神奈川県)、宮ヶ瀬ダム周辺振興財団にも問合せしましたが、存在さえ知られていませんでした。愛川町だけでなく、日本ダムアワードならびにその会員の利するイベントのようにも思えます。これが本当に、町長が言うところの「大きな注目を集めています」という内容なのか不明な点が多いです。愛川町と様々な団体との関係は、特にその所在がはっきりしないものについてはしっかり把握すべきでしょう。ホームページがあるから信用できるといったことが通用しない時代だからこそ、そのような団体との関係は慎重になるべきだと筆者は考えます。

半原水源地跡地利用を考える〜第3回(後半)

半原水源地跡地利用を考える〜第3回:「観光・産業連携拠点づくり事業構想[概要]」をみる
 この資料は愛川町ホームページにて全文入手できます。筆者が気になった問題点をお示しします。このとき〈筆者の視点〉として明記します。今回は時間の都合でスライド図抜きで、ご説明します。ファイルを印刷、あるいは筆者のブログを印刷して読んでいただくと分かりやすいと思います。なお、追って図(※前回“スライド”と書いていましたが今回で訂正します)の入ったブログを作成します。
【資料を読むにあたっての注意点】
 タイトル名「観光・産業連携拠点づくり事業構想」は作成日が不記載です。平成28年に作成されたものであることを町(当時の企画政策課)に確認しております。ページの表記が無いので、表紙をページ1とし、全部で36ページあります。

【ページ13】

 「来訪者の構成」とあります。以下のような文章が記されています。
「半原地域周辺の主要観光施設(7施設)で実施したインタビュー調査の結果、来訪者の構成は、平日・休日ともに、2〜4人の家族連れでの来訪が多い状況となっている。」
〈筆者の視点〉
 このページ(PowerPointで作成されているので以後“スライド”と呼びます)に対して、気になる点が数ヶ所あります。列挙すると(1)主要観光施設の7施設が明記されていない。(2)表の中で4箇所が黒塗りされていて不自然である(職員さんに単なるミスで集計数が入っているとのこと。上段右から順に、29、29、60、56が入る。普通直すと思います)。(3)インタビューの日時が不明。季節による変動は考慮すべきでしょう。(4)右下の注意書き2点の意味が不明。記載する意味はないと思えます。
〈筆者の考察〉
 せっかくなのでこの結果を筆者なりに考えてみます。
2〜4人の家族連れが多いのは、移動手段が恐らく自家用自動車(マイカー)によるものと推察される。家族連れが多いのは明白だが、一人来訪者数が平日5人に対して休日22人で、4.4倍である。一方家族での来訪者(2〜4人)は平日66人に対して休日137人で2.08倍となっている。平日と休日の来訪者構成の増加割合にも注目すべきである。

【ページ14】

「来訪者の年代」とあります。「平日・休日ともに、30〜40代が約6割となっている。」と記されています。
〈筆者の視点〉
前ページの調査に関連した結果です。平日n=116、休日n=222が、13ページのスライドの表と一致していることからわかります。本来なら説明すべきでしょう。気になる点は13ページのスライドと同じです。

【ページ15】

「半原地区周辺に求められる施設」とあります。「訪問者が半原地区周辺に欲しい施設として、「買い物施設」、「飲食店」を多く挙げている。とあります。このインタビューもページ13、14と同時にインタビューされたものと考えられます。さらに、「来訪者が半原地域周辺に訪れる際に利用する国道や県道沿いには、買い物施設や飲食店が不足していることから、そうした需要が多いものと考えられえる」と考察しています。
〈筆者の視点〉
この調査結果で「買い物施設」や「飲食店」を営業すれば“儲かる”と思う事業者は現れるでしょうか。筆者は自宅近くの中津川田代河川敷でのGoogleマップにある口コミを以前全て調べました。結果は当時のブログにお示ししてあります。高評価の口コミの理由は、「無料でキャンプができる」、「トイレがキレイ」がほとんどでした。

【ページ16】

「地域における必要機能への対応の考え方を以下に示す。」が示されています。作成されて年数が経過しており、「農協グラウンド跡地」のようにあてはまらない部分もあります。
〈筆者の視点〉
 意味が良くわからない言葉を矢印でつないだだけのスライドです。説得力がありません。

【ページ17】

 「半原水源地跡地の活用方策案」とあり、ページ17では「半原水源地跡地の必要機能とテーマ設定」が示されています。
〈筆者の視点〉
 なぜこのような考え方が出てくるのか不思議ではありませんか。これ、国土交通省が主導する「道の駅」の基本コンセプトを手直ししたものと筆者は考えています。予め何を作るかがおおよそ決まっている。しかし、町では具体的な内容を一向に示さない。これこそが、半原水源地跡地利用の問題点の本質であると考えます。

【ページ18〜33】

ページ17のスライドに則した写真や図が続きます。計画で修正されたものもあります。評価すべき点はありません。

【ページ34〜36】

 「事業収支の可能性」について表を使って運営形態の収益性を検討した表が示されています。
〈筆者の視点〉
この表を町で作成し、提示する意図が良くわかりません。運営形態の如何に係わらず、施設を所有せず、借地料が無料であれば黒字になる可能性が高くなるに決まっているではありませんか。まさか、全くの素人でも商売できる場所にでもするのでしょうか。そもそもこの資料は誰に向けて作成されたものなのでしょうか。過去の報道写真を見てみると住民説明会で使用したようです。良く商売のことが理解できない住民の方に、半原水源地跡地で事業を起こしませんかというのでしょうか。
 
これで「観光・産業連携拠点づくり事業構想」に関する説明は終了です。次回ですが、別な資料の解説にうつります。前にお約束した図入りの解説資料も並行して作成予定です。

半原水源地跡地利用を考える〜第3回(前半)

半原水源地跡地利用を考える〜第3回:「観光・産業連携拠点づくり事業構想[概要]」をみる
 この資料は愛川町ホームページにて全文入手できます。筆者が気になった問題点をお示しします。このとき〈筆者の視点〉として明記します。今回は時間の都合でスライド図抜きで、ご説明します。ファイルを印刷、あるいは筆者のブログを印刷して読んでいただくと分かりやすいと思います。なお、追ってスライドの入ったブログを作成します。
【資料を読むにあたっての注意点】
 タイトル名「観光・産業連携拠点づくり事業構想」は作成日が不記載です。平成28年に作成されたものであることを町(当時の企画政策課)に確認しております。ページの表記が無いので、表紙をページ1とし、全部で36ページあります。

【ページ1】

 表紙のみ。

【ページ2】

 「本業務の目的」とあります。活字の修飾をなくしてそのまま抜き出してみます。
「半原地域周辺の既存ストックやストック効果を活用し、半原水源地跡地を起点とした、町全体の観光拠点形成を主眼に置き、新たなひとの流れ、されには新たな産業を創出する戦略的な構想を策定するものである。」
〈筆者の視点〉
 何を言っているのか分かり難いです。そもそも半原水源地跡地を何にするかを明記していないので、いかようにも受け取れる内容になっています。

【ページ3】

 「構想の検討フロー」とあります。問合せたところ、この図にあるような資料が別にあるそうで、今回の36ページからなる資料には対応しておりません。
〈筆者の視点〉 
 配布する資料に対応していない図を示す意味がありません。別な資料の図を当てはめただけの手抜きです。仮に使うのであれば注釈を入れるべきでしょう。

【ページ4】

 地図なので評価の対象外です。

【ページ5】

 地図なので評価の対象外です。
〈筆者の視点〉
 文章間違っていますよね。「圏央道の開通により、都心へのアクセスが向上している」ではなく、「県央道の開通により、都心からのアクセスが向上している」でしょう。続く文章では「都心からの交通アクセスが向上した」と書いてあります。なお、なぜここで「都心」が出てくるのかも明確ではありませんね。お決まりの文章表現なのでしょうか。

【ページ6】

 「愛川町の特徴」が示されていますが、良いことしか書けないので評価の対象外です。

【ページ7】

 「半原地域の特徴」が書かれています。現在ある観光施設等の紹介程度で良いかと思います。

【ページ8、9】

「半原水源地跡地の位置」、「半原水源地跡地内の現状」が示されています。特に評価する点はありません。

【ページ10】

「半原地域と周辺地域の施設の集客状況」が示されています。
〈筆者の視点〉
 筆者はレインボープラザが平成26年で2万2000人とあるので驚きました。レインボープラザに問合せしてみると、確かに数字は合っておりました。但し、研修等での利用も含まれているそうです。このページが言うところの“集客力”の解釈には注意が必要です。図にある「入込観光客」に関しては「日常生活圏以外の場所へ旅行し、そこでの滞在が報酬を得ることを目的としない者」とされています。分かり難いですね。

【ページ11】

愛川町の認知度」が示されています。
〈筆者の視点〉
 アンケートは行政の施策を行う上で重要です。ただし、この資料アンケートには不明な点が多くあります。(1)母集団が示されていない:担当職員に問合せしましたが結局不明でした。業者まかせの弊害です。(2)「愛川町Webアンケート」とありますが、町独自で行なったものではなく、今回の調査で行なったもので、企画政策課(当時)で行なった(業者)ものです。(3)n=518は人数だそうです。(4)神奈川県西部がなぜかありません。
 そもそもこのアンケートに意味があるのでしょうか。距離的に愛川町から離れれば認知度は下がるものです。

【ページ12】

愛川町に来訪するために求められる条件」としてのアンケート結果が示されています。
〈筆者の視点〉
 このアンケートも不思議なものです。まず選択肢が17個もあります。複数回答可能ですが、ここまでの数を示す意味がわかりません。ここでも「愛川町Webアンケート」が登場します。同時に行なったとしますと図にあるn=518(複数回答)の表記が誤解を生みます。人数であれば前ページの人数と一致します。仮に回答数であれば最大1人で17回答出来ますので、回答者人数は31≦α≦518となりますね。どこまで業者に任せたのか分かりませんが、チェックが甘いと思います。
 ところで、このアンケートで面白いことに気がつきました。愛川町に来訪するために求められる条件で選択項目「SNSやアプリ等で情報発信がされている」が3.3%で、ビリから2番目でした。平成28年当時だからなのか、それとも今でも通用するのか。今でも通用するのなら、町で行う観光アピールは方針を考え直さないといけません。
 
次回(後半)につづく。
 

半原水源地跡地利用を考える〜第2回

半原水源地跡地利用を考える〜第2回:資料を手に入れる
この議論は根拠に基づいています。根拠となる資料は愛川町のホームページより入手できます。

愛川町のトップ画面で「観光産業拠点づくり事業」を入力し検索します。
 

▲似たような項目がでますので、赤枠の項目を選択します。

▲目的のページにたどり着きます。

▲このページのPDFファイルを資料とし、解説してゆきます。

半原水源地跡地利用を考える〜第1回

半原水源地跡地利用を考える〜第1回:初めに
 半原水源地跡地利用、すなわち「観光・産業連携拠点づくり事業」について、筆者なりの見解を述べたいと思います。前回の町長選挙から長期にわたって問題としてきた内容です。今回、過去のブログを加筆修正しつつ再掲載します。参考とする資料は基本的に愛川町のホームページで手に入れることのできるものです。推論を極力排し、根拠に基づいた考えを述べるつもりです。
 半原水源地跡地利用については、「世界に通用するスケートパークを建設する」、「個人競技を中心にしたスポーツ施設を建設する」、「愛川町に住む若者が誇れる施設を建設する」、「収益性を考えた施設を建設する」という具体的な提案をしております。
 半原水源地跡地利用の方向性は、愛川町の将来を決める大きなテーマです。筆者の考えを多くの町民の方々に知っていただきたい。

 

▲田代運動公園スケートパークにて。

AIの執筆支援機能を試してみました〜第2弾

AI執筆支援機を使った文字起し文章の第2弾です。内容は、「議会ウオッチ〜6回目」、渡辺基議員の一般質問のうち、「町職員の労働環境について」をAIを使って、まとめました。全文は以前のブログに掲載しております。
 なお、以前のブログで筆者が指摘しているような問題点をAIが読み解くことはできませんね。
 
【念のため毎回以下の文章を掲載します。】
愛川町議会のインターネット中継の録画から文字起ししたものは、愛川ハイジの会代表である今鉾君雄が個人的に文字起ししたものであり、非公式のものです。また一部不正確なものもございます。正確を求める方は、愛川町ホームページの町議会での内容でこ確認ください。内容に関する筆者の意見に対して疑問のある方は、筆者公式ホームページ https://www.imahoko.com/ でのメール欄をご利用下さい。」
【議会中継録画の文字起しから以下の文章を、ソフトウェアーにあるAI執筆支援機能を用いて得ることができました】
タイトル
町職員の労働環境に関する一般質問: 改善の取り組みと課題
序論
渡辺議員が町職員の労働環境に関する一般質問を行っています。彼は町職員の自己都合退職者数が多いことや離職率の比較などについて質問しており、町職員の流出が行政運営の根幹を揺るがしかねない大きな課題であることを指摘しています。また、労働環境のアンケート調査の実施や相談窓口の設置についても要望をしています。彼は現在の労働環境について改善が進んでいると認識しており、今後もさらなる働きやすい職場にするための取り組みを期待しています。
結論
この一般質問を通じて、町職員の労働環境に関する懸念が具体的に取り上げられました。これまでの答弁を踏まえると、労働環境の改善に向けた取り組みは着実に進んでいるように感じられます。特に、令和6年度に計画されている勤怠管理システムの導入や、勤務実態に基づく制度の構築など、職場環境の向上に向けた積極的な取り組みが期待されます。今後も職員の方々が働きやすい環境が整備されるよう、引き続きのサポートをお願いしたいと思います。